監視カメラとアプリ

監視カメラとアプリ


監視カメラの普及が進むにつれ、監視カメラのタイプや、用途が大きく変化しつつあります。
最近では監視カメラに映し出される映像を、遠隔操作でどこからでも閲覧できる
機能を兼ね備えた「ネットワークカメラ」が注目されています。
 
今回は、近年注目されている「ネットワークカメラ」や「スマートフォンを監視カメラとして代用する」
ことに関してご紹介しています。
 
目次
・ネットワークカメラとは
・スマートフォンを監視カメラとして代用する
 
1.ネットワークカメラとは                     
IPカメラとも呼ばれる「ネットワークカメラ」は、監視カメラで撮影した動画を、
IPネットワークを通じて送ることができる監視カメラ
です。
ネットワークカメラが持つ個別のIPアドレスがあれば、
何時どこからでも録画データにアクセスし、遠隔操作することが可能になります。
 
1-1.ネットワークカメラの特徴
監視カメラを設置した場所にいなくても、インターネット接続ができる状態にあれば
どこからでも映像を閲覧することができます

機能の多様性は幅広く、IPネットワークを通じて遠隔操作することができれば、
レンズを向ける方向を思いのままに変更できたり、焦点を合わせたいところにズームインして、
ピントを合わせたりすることができます。
 
1-2.ネットワークカメラとアプリ
ネットワークカメラの使い道は、これだけに収まりません。
近年、スマートフォンの普及の高まりを受け、ネットワークカメラで写しだす映像を、
スマートフォン用の「専用アプリ(アプリケーション)」を利用すれば、
移動しながらでも閲覧することが可能になりました。
 
1-3.ネットワークカメラの使用目的
少し前までのネットワークカメラは、店舗を運営する会社や公共施設などで使用されることが一般的でした。
しかし最近では、スマートフォンの普及に伴い、一般家庭でも気軽に使えるように製品開発がされています
 
店舗や公共施設などでネットワークカメラを使用する主な目的は、「防犯対策」のためです。
店舗数を多くもつ会社ほど店舗管理が難しいため、ネットワークカメラを各店舗に設置することで、
全ての店舗を一つのモニターで同時に管理することができるのです。
 
そのほか、ネットワークカメラを一般家庭で使用する目的は、一つに防犯対策、
そしてもう一つは自宅で留守番をしている子どもや、ペットの様子を伺うため
です。
インターネットに繋がるスマートフォンやパソコンがあれば、専用のアプリやシステムをダウンロードすることで
気軽に監視カメラの遠隔操作をすることができます。
 
監視作業を監視会社に依頼するよりも費用が安く済む点や、
手軽に導入することができるという面が、ネットワークカメラの大きなメリット
です。
 
1-4.ネットワークカメラの導入方法
ネットワークカメラを自宅、または店舗などに導入する場合は、ネットワークカメラ本体や、
ネットワーク上で遠隔操作するためのスマートフォンやパソコンを準備すること、
そしてインターネットを使える環境を作る必要があります。
 
ネットワークカメラは、製品を開発した会社独自の専用アプリをダウンロードする必要があるため、
自身がお持ちのスマートフォンが対応機種に含まれているかを事前に確認する必要があります。
 
スマートフォン以外では、ネットワークカメラのシステムをインストールできるパソコンを用意します。
スマートフォンよりも大きな画面で、いくつかの店舗や部屋を監視するときには
パソコンでの利用がおすすめ
です。

監視カメラ